ヘッダーロゴ

日本AS-i協会

Just another WordPress site


AS-Interfaceアナライザの特長

事前診断によりメンテナンス時間とシステムのダウンタイムを大幅に短縮
テストログの自動作成
診断条件設定をファイルとして、e-mail等で送信可能
表示フィルタ機能や多様なトリガ設定機能


簡単操作

AS-Interfaceアナライザのメリット

 

●コミッショニング すばやいトラブルシューティング
    文書作成機能
    動作チェック
●操作/メンテナンス 予防診断
    施工品質確認
    システム分析時間の短縮
●診断 通信エラーの分析
    各スレーブの動作確認
    I/O 機器のON-OFF表示
    多様なトリガ設定機能


AS-Interfaceアナライザでネットワークを診断

  AS-InterfaceアナライザはパッシブノードとしてAS-Interfaceの通信をモニタします。
電源はAS-iネットワークから供給されるため別電源は不要です。
診断データはRS232経由でPCに転送され、アナライザ付属のソフトウェアを使用し解析します。

 


オンラインモード

  このモードでは、各スレーブのエラーレートなど、AS-Interfaceの状態がすばやく確認できます。
AS-iバス上にある各スレーブをPC上にステータス表示、さらに各スレーブの入出力(I/O)状態、スレーブのIDコード、通信エラー回数、システムの通信サイクル時間、通信時のAS-i電圧、等をオンラインでPC上に表示します。さらに詳細な分析を行う場合は拡張診断機能(トレースモード)を使用します。

 


トレースモード

  各スレーブの詳細テレグラム分析は高度なトレースモードでのトラブルシューティングが有効です。 特定のスレーブに対して通信エラー発生時におけるトリガ機能、さらには多様なトリガ条件が設定可能で、外部トリガ入力・トリガ信号の出力設定等も行えます。

 


テストログの作成

  テストプロトコル出力機能を使えば、トレースされたデータを簡単に文書化できます。

 


製品一覧に戻る